Tag Archives

4 Articles
三重県や岐阜県だけでなく、東海地方以外の長野県や滋賀県のコーヒーセミナー受講者増加中!

三重県や岐阜県だけでなく、東海地方以外の長野県や滋賀県のコーヒーセミナー受講者増加中!

当店は愛知県の名古屋市内にあるコーヒー・ラテ専門のセミナールームですが、最近、県外からのコーヒーセミナー受講者が急増しています。

 

愛知県

コーヒーセミナーやラテアート講座の参加で一番多いのは、確かに名古屋市内、もしくは他の愛知県内の受講者の方ですが、愛知県外からの参加者の方も県内の参加者の方と同じぐらいいらっしゃいます。

 

特に多いのは、岐阜県や三重県の方。岐阜県の方はJRでのアクセスが良いこともあり、また三重県の方は車で名古屋に来られる方が多いのもあり、名古屋のセミナールームでも近いと思われる方も少なくないようです。

Read More

カフェ開業を考える方はエスプレッソの抽出や知識に関するセミナーを受けてみませんか?

カフェ開業を考える方はエスプレッソの抽出や知識に関するセミナーを受けてみませんか?

最近では、エスプレッソやカプチーノ、そしてラテアートに関するご相談を受けることが多くあります。

 

ここ数年で、エスプレッソを使ったメニューやカフェラテ、あるいはラテアートに対する消費者側からの需要が高まってきていることもあり、新規にオープンするカフェや、今までレギュラーコーヒーメニューしか扱っていなかったお店のエスプレッソマシンの導入がとても増えてきているようです。

 

リーフラテアート

 

ただ、導入に際してきちんとした知識を教えてもらえる場は現状そう多くはありません。どこかエスプレッソマシンのあるコーヒーショップで働いてきた方の場合はそのノウハウを持っておられますが、そうでない方たちが学べるお店が現在の名古屋には少ないのも事実です。

 

初心者向けセミナーとプロ向けセミナー

特に、初心者向けのセミナーを行っているカフェや喫茶店は多くとも、カフェ開業希望者やカフェのスタッフに対する教育、指導などを行っている場所はほとんどないと言っていいでしょう。

 

マシンのメーカーが開いている無料セミナーなどもあるにはありますが、基本的なマシンの使い方に関するものがメインであり、エスプレッソやカプチーノ、ラテアートなどのドリンクを中心としたセミナーとは異なります。

 

そういった背景もあってか、エスプレッソマシンを導入はしてみたものの、なかなかご自身で納得したクォリティーのものを出せず悩まれているというお話をよく耳にします。

 

エスプレッソ画像

 

たとえば、綺麗なクレマ(エスプレッソ表面の茶色い泡の層)がでない、クレマの気泡が大きすぎるなどといったご相談を受けることもあります。

 

ドリップコーヒーなどとは少し趣が違うため、何も知識がない状態ですと、最初は戸惑い、どうして良いか分からないというのも当然だと思います。ただ、きちんと基本的な部分を理解すれば何も難しいことはなく、とても簡単に今よりおいしいものをお客様に提供することができると思います。

 

当店では、そのお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

プロ向けエスプレッソセミナーでは何が学べるか?

セミナーの内容としては以下の通りです。

 

 1、エスプレッソてなんだろう?

エスプレッソとその他のコーヒー(ドリップコーヒー)との違い

そこから分かる、気をつけるべきポイント

 

2、エスプレッソ抽出の基本

エスプレッソの基本の淹れ方とフォーカスするべきポイント

 

3、ミルクのスチーミング(泡立て)の基本

ミルクスチーミングの原理の理解

 

4、ラテアートのつくり方

ラテアートができる原理の理解

 

上記を意識していただくことで、お店のスタッフの方の意識向上にも繋がっていくのではないかと思います。実際、こうした内容をベースとして、すでに複数の店舗さんで出張セミナーを行っており、経営者・スタッフの皆様からも好評をいただいております。

 

エスプレッソやカフェラテ、カプチーノなどに関してお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずはお問い合わせだけでも、ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせページへ

 

過去のセミナー実施例(敬称略)

Neues(名古屋市熱田区)例

エスプレッソ抽出、カプチーノ・ラテアート指導、ドリップコーヒーのレシピ開発、その他ドリンク・軽食メニューのアドバイス

 

くじらカフェ(名古屋市守山区)の例

オープニングに関してのコーヒー抽出指導、スタッフのコーヒー抽出指導、コーヒー知識の教育、カプチーノ・ラテアート指導

 

FOX COFFEE(愛知県春日井市)の例

エスプレッソの味の合わせ方(挽き目のあわせ方)指導、アルバイトスタッフへのエスプレッソ・カプチーノ・ラテアート指南

 

エスプレッソマシンは業務用と家庭用のどちらを選ぶべき?価格や性能の比較から

エスプレッソマシンは業務用と家庭用のどちらを選ぶべき?価格や性能の比較から

昔ながらの日本のカフェ・喫茶店業界では、コーヒーと言えばドリップコーヒーのことを指すことが多かったのですが、スターバックスコーヒーの登場以来、日本でも急激にエスプレッソやカフェラテなどのコーヒードリンクが注目を浴びるようになってきました。

 

お店でもカフェラテやカプチーノを飲む人が増え、美しく見せるための「ラテアート」なども目にする機会が増えました。

 

リーフラテアート

 

こうした変化とともに、ご家庭での趣味として、またはカフェを開業するにあたり「カフェラテを出したり、ラテアートを描きたい」という方が増えてきましたし、ご相談を受けることも多くなってきました。

 

ですが、実際にそれらをつくるには、どうしてもエスプレッソマシンが必要になってきます。エスプレッソマシンには安価な家庭用から業務用マシンまでありますし、その中でも様々なものがあります。

 

そのため、エスプレッソマシンが必要と言われても、どんなものを購入すればいいか分からないかと思います。そこで今回は、こうした家庭用と業務用エスプレッソマシンのそれぞれの特徴と違いについて簡単にご説明したいと思います。

 

家庭用エスプレッソマシンの特徴

家庭用のエスプレッソマシンは小型で、だいたい~3万円くらいのものを中心として、20万円以下に収まります。

 

安い価格帯のものとしては、画像のようなデロンギのエスプレッソマシンあたりが有名でしょう。

 

デロンギ

この価格帯の家庭用エスプレッソマシンは、ご自宅で使っていただくぶんには何の問題もありません。この価格帯の中でも比較的使いやすいものも存在します。

 

ですが、それでも業務用のマシンに比べれば、全体的にパワーが弱く、連続使用が難しい傾向があります。

 

パワーが弱いと、エスプレッソの抽出や、カフェラテをつくるためのミルクのスチーミング(泡立て)がなかなか上手くいかないことが多々あります。家庭用のマシンでは、特にミルクのスチーミングが問題です。

 

家庭用はパワーが弱いぶん、初心者には扱いやすいように思われてしまうこともありますが、実は全くの逆です。パワーが弱いマシンで綺麗においしいスチーミングミルクをつくることは、かなり難易度が高いのです。

 

ときどき、家庭用の安価なマシンでカフェを開業される方もいらっしゃいますが、どんなに良いコーヒー豆を使っても、品質は必ず落ちてしまうので、お店で使うものとしては避けたほうが無難です。何杯も連続して抽出するカフェ・喫茶店業務では、必ずクオリティの不安定さやドリンク提供の遅れにつながります。

 

家庭用でも、綺麗なラテアートを描きたい、ある程度の品質のカプチーノを飲みたいと考えている方はもう少しランクの高いマシンを購入されることをおすすめします。

 

初心者だからこそ、道具の性能に技術不足を助けてもらう必要があります。

 

高価な家庭用のマシンならどうか?

安価な家庭用のマシンがダメなら、高価な家庭用のマシンはどうでしょうか。

 

家庭用にも、価格帯が10~30万円の比較的高価なマシンもあります。これらのマシンであれば、確かに低価格帯のものよりも性能は良いと言えるでしょう。品質をそこまで追求しなければ、お店で使用することもできます。

 

この価格帯のものとしては、画像のアスカソあたりが有名ではないでしょうか。あとは、全自動のデロンギのエスプレッソマシンあたりも候補にあがるかもしれません。

 

アスカソマシン

 

このレベルのものであれば、家庭用のマシンとはいえ、ある程度のカフェラテやラテアートを作ることは可能です。ですので、カフェの開業の際にも、高価な家庭用レベルのマシンの購入をされる方もいます。

 

ただ、どうしても業務用のマシンに比べると、キレイなものがつくれなかったり品質として劣ってしまいます。また、ボイラーが小さいので、お店で2、3杯と連続で出そうとすると、パワーが落ちて作れなくなってしまうといった問題も発生します。

 

営業上はこれが一番の問題で、「10人ぐらいしか入れない小さなカフェだから家庭用でいい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、もしその10人が一度にカフェラテを頼んだとしたら、家庭用ではかなり厳しい状況になると言えるでしょう。

 

マシンが小さく、軽く、安定感がなかったり、その他の使い勝手が悪かったりという問題もあります。どうしても最終的には価格の問題になってしまいますが、お店で使用する場合、またおうちでもストレスなくカフェラテをつくりたい場合は、業務用をおすすめします。

 

高価な業務用マシンの傾向と比較

では、そうした家庭用のマシンに比べて、最も高機能で、高価な業務用のマシンとは一体どんなものでしょうか? 簡単にご紹介します。

 

業務用エスプレッソマシンは、各メーカー内での機種のランクと、グループヘッドと言われる“抽出できる場所”がいくつあるかで価格が変わってきます。たとえば、グループヘッドが3ついていれば3杯同時に抽出できます。基本的に家庭用は1つで、業務用でも安価なものは1つの場合が多いです。業務用の高価なものの中には、グループヘッドが3つ、5つと付いているものもあります。

シモネリ ヘッド2

デザインが良くてかっこいいもの、あるいは性能が特別に良いものというと、やはり約100~300万円となってきますし、電源も200Vは必要になるので、電源工事もする必要が出てきます。

 

しっかりとコーヒーをやっていく、あるいはコーヒードリンクがウリの一つになるようなカフェならば、このランクのエスプレッソマシンを導入したほうがいいでしょう。

 

安価な業務用エスプレッソマシンについて

ただ、お店の規模やコンセプト上、また予算の問題でそこまでのものは購入が考えられない場合もあるかと思います。「コーヒーに手を抜くわけではないが、あくまでメインはフードやお菓子だ」といったカフェもたくさんあります。

 

こうした場合におすすめしたいのが、100万円以下のエスプレッソマシンで、だいたい40~80万円ぐらいの業務用マシンです。

 

シモネリヘッド1

先ほどご紹介した最上クラスのものと比べると、さすがに性能は劣りますが、使用感も良く、お店での連続使用も難なく耐えられますし、ドリンクの品質もとても良いものが提供できます。

 

また、電源も100Vで使用できるので、電源工事も必要なくそのまま使えます。実際、お店で使われる方も多いですし、おうちで使うために購入される方もいらっしゃいますので、コストを抑えたい方はこのぐらいの値段のものをおすすめします。

 

ただ、いくら性能が良いとはいえ、確実に最上クラスのものに比べれば品質は劣りますし、なにより大規模な店舗に対応するには少し厳しいかもしれません。数十人規模のお店までならこのぐらいのマシンでも十分対応できますが、それ以上の人が入れ代わり立ち代わりするようなお店であれば、素直に最上クラスのものを買われることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしょうか。おそらく、家庭用と業務用のそれぞれの性能差や、価格帯の理由に関するだいたいのイメージはつかめたのではないかと思います。

 

ただ、今回は価格帯でひっくるめてお話しましたが、メーカーや製品によってまた特徴は大きく変わってきますし、性能にも違いが出てきます。実際にご自身の目的にあったマシンをということであれば、本物を触ってみるしかありません。

 

私たちのセミナールームnoteでは、業務用の安価なエスプレッソマシンを実際に触ることができますし、業務用・家庭用のエスプレッソマシンを卸売業者やメーカーから直接入荷することもできます。

 

シモネリマシン

 

特に業務用のエスプレッソマシンは「カフェを始めたい」と思ったからといって、一般の人が手に入れられるものではありません。基本的には卸売業者を通して購入する必要があります。

 

noteでは、カフェやレストランなど目的にあった適切なマシンをご提案することもできますし、マシンの販売とその使い方の指導・実践をすることも可能です。

 

もしも、「どんな業務用マシンがあるのか分からない」「結局、家庭用マシンじゃだめなのか」といったお悩みを抱えている方がいらっしゃれば、ぜひ一度お問い合わせください。

 

お問い合わせページへ

 

また、私たちのセミナールームでは、コーヒーのプロ、開業志望の方向けのネットショッピングサイト「coffee shop note PRO」を運営しております。他の企業様よりも安価に業務用マシンを購入できるものもありますので、ぜひご覧ください。

 

coffee shop note PROサイトへ

会社の趣味のサークル活動や部活でコーヒーのセミナーをやってみませんか?

会社の趣味のサークル活動や部活でコーヒーのセミナーをやってみませんか?

最近、とあるご相談を受けることがありました。

 

それは「会社のサークル活動で何か面白いことをやりたいのだけど、コーヒーのセミナーをできないか?」というもの。しかもご相談は県外の方から。サークル幹事の方も、毎回面白い企画を考えるので大変なようです。

 

noteでも、こういったご相談を受けて「ラテアートセミナーをやってみてはどうか?」という提案をさせていただきました。

 

ラテアート

 

ラテアートセミナー以外でも、ドリップコーヒーのセミナーは低コストで行えますし、「色々な器具を使って淹れてみる」「お菓子やパンを自作したいので、それにあうコーヒーを」といった楽しい企画を行うこともできます。

 

とはいえ、やはりコーヒー自体を苦手とする人がいるのも事実ですし、そういった方にはミルクと一緒にコーヒーの風味を味わえるカフェラテのほうが喜ばれるでしょう。加えて、ラテアートは文字通り、“目に見えて変化が現れる”ので、誰でも楽しめる点がメリットです。

 

そういった経緯もあって、今回はラテアートセミナーをやるということに決定。具体的な手続きを決めていくことにしました。

 

セミナーはどのようにすすめるか?

セミナーとは言うものの、あくまで今回は趣味のサークルの催し。「上手くアートを描けること」よりも「楽しくみんなでアートを描いてみること」が重要です。

 

そこで、ラテアートを作っている裏では会社の方たちがお菓子作りとお茶会をし、順番が来たら個々人にラテアートを淹れてもらうという形をとることにしました。

 

「私たちのセミナールームでやりますか?会社の一室を使ってやりますか?」と尋ねたところ、「会社のほうでやりたい」ということだったので、エスプレッソマシンを先方へ持っていくことに。

 

ラテアートはミルクとコーヒー豆とエスプレッソマシンと水さえあればどこでもできますし、水はタンクで運べばいいので、家庭用レベルの電源さえ取れれば屋外だってやることはできます。イメージされるより、意外と手軽に実施することができるのです。

 

IMG_0491

 

ただ、今回のラテアートセミナーの開催地は名古屋市外どころか愛知県外。もちろん県外からの出張依頼でも喜んで承っていますが、マシンを会社まで移動するのが大変なので、車を出していただけるようお願いしました。

 

こちらからレンタカーを借りて運転していくことも可能ですが、そうすると必要経費がかさむので、できるだけ経費を抑えたいという先方のご要望に沿った形をとることにしたのです。

 

普段は「1回2時間20000円(材料費別)」に移動費をプラスする形で出張セミナーを承っていますが、今回は車を出していただけるとのことだったので、遠方手当と機材使用代だけをプラスする形でご依頼をお引き受けしました。

 

日々のお茶会やちょっとしたイベントの盛り上げ役にも

セミナーというと堅苦しいイメージがつきまといますが、今回の形のように「ラテアートを描いて楽しみたい」「お茶会を盛り上げたいのだけど、なにかあるかしら」といった“楽しさ”に重点を置いたご要望にお応えできるのも、コーヒーやカフェラテの良いところだと思います。

 

セミナーというよりはワークショップといった感じでしょうか。

 

趣味のサークルだからこそ、肩肘を張らない気楽なコーヒーやラテアートのワークショップがおすすめです。イベントの盛り上げ役としてのご依頼を承ることもできますので、ぜひ一度ご相談ください。

 
お問い合わせページへ