エスプレッソマシンお見積り

当店のエスプレッソマシンやグラインダーは

すべて国内正規輸入品です!

 

正規輸入の表記のないマシン、並行輸入のマシンは安価でも、

メーカー保証もなく、国内での保守点検もできません

業務用エスプレッソマシンは正規輸入品を強くおすすめしております

正規輸入品の業務用エスプレッソマシンをご検討中の方はぜひ当店へご相談ください!

無料でお見積りいたします!

10席未満のカフェにおすすめ

※価格はすべて税抜き表記です

[エスプレッソマシン]

≪シモネリ社≫

【New Oscar〔オスカー〕Ⅱ】 定価 280,000円 → 卸価格 196,000円務用としては小さいので、連続抽出が難しく、あくまでスモール店舗向けマシン。給水・排水は、内蔵タンク使用なので水道工事等の必要がなく、持ち運びしやすい点がメリット。

oscar2オスカーⅡ

 

【Musica〔ムジカ〕】 定価  428,000円 → 卸価格 299,600円

ほぼオスカーⅡと同スペックです。あとは、デザインでの選択で選んでいただいて構いません。

musicaムジカ

 

≪ヴィヴィエンメ≫

【DOMOBAR Jr. HX】 定価 330,000円 → お見積りください

ヴィヴィエンメの最下位機種。家庭用マシンより品質の高いエスプレッソ、カフェラテを作ることができます。シングルボイラーで容量1.1Lなので、連続仕様は難しく、小規模店舗向きです。給水・排水は内蔵タンクを使用しておりますので、水道工事等は必要ありません。

 

domobarjrドモバージュニア

 

 

[グラインダー]

≪Anfim アンフィム≫

【ANFIM BEST】 定価 128,000円 → 卸価格102,400円

多くの歴代バリスタチャンピオンが使用してきたアンフィム社のコンパクトグラインダー。プロ使用のエスプレッソが抽出できるグラインダー。業務用の中では刃が小さいため、豆を挽く時間が多少かかりますが、家庭用に比べると段違いの使いやすさと性能です。

 

anfim best アンフィムベスト

 

≪Mazzer マッツァー≫

【MAZZER MINI ELECTRONIC】定価 212,500円 → 卸価格 13,8125円

多くのバリスタに愛されているマッツァー社のコンパクトグラインダー。挽き時間タイマー付き。性能面での差もありますが、基本的にはAnfim Bestと好みで選んでいただいて構いません。

 

mini electronic ミニ エレクトロニック

10~20席のカフェにおすすめ

≪simonelli〔シモネリ〕社≫

【Appia〔アッピア]Ⅱ(S)】 定価 540,000円 → 卸価格 378,000円

オスカーⅡ、Musicaよりも高品質のエスプレッソ、カフェラテが作れます。抽出量の設定ボタンはついておらず、抽出のスタート、ストップを押す必要あり。シングルボイラーですが、5Lの容量と1グループマシンとしては大きいので、連続使用に耐えられます。他の1グループマシンと比べサイズが大きめなので、設置スペースや、お客様へのマシンアピールを考慮して、選択していただくのがおすすめです。給水、排水は外付け(別途一般ポリタンク使用可)、もしくは水道、排水直結工事が必要です。

 

appia2 アッピアⅡ

 

 

≪ヴィヴィエンメ≫

【DOMOBAR SUPER DOUBLE】

100V 定価 480,000円 → 卸価格 336,000円 200V定価 580,000円 → 卸価格 406,000円

ダブルボイラーを採用。エスプレッソ抽出ボイラーと、スチームボイラーを別にすることによって、DOMOBAR Jrより安定かつ、連続して抽出、スチームが出来るようになっています。給排水は内蔵タンクですので水道工事が必要ありません。

 

 

domobar super ドモバースーパー

 

≪ラ・マルゾッコ≫

Linea mini(赤、白、黒、ステンレス、ライトブルー、イエロー)【リネア ミニ】

定価950,000円 → 卸価格 665,000円

人気のマルゾッコのコンパクトマシン。ダブルボイラー採用で、比較的安定して使用できます。デザイン性も高く、カラーバリエーションも豊富なので、人気の機種です。給水、排水は内蔵タンク使用。別売りキットにより、給水を水道直結にもできます。

 

linear mini リネアミニ

 

[グラインダー]

≪シモネリ≫

【MDX ON DEMAND】 定価194,400円 → 卸価格 お見積りください

このサイズのグラインダーからすると刃が小さめですが、このクラスのグラインダーとしては安価なのが魅力。

 

MDX

 

≪アンフィム≫

【ANFIM SODYⅡ】定価 238,000円 → 卸価格 お見積りください

ANFIM BESTより刃も大きくなり、ストレス無く豆を挽くことができます。パワーもあり、BESTとりもはっきりとした味の違いを提供できます。フラット刃です。

 

anfim scody2

 

≪マッツァー≫

【MAZZER SUPERJOLLY ELECTRONIC】定価272,000円 → 卸価格 176,800円

MINIより刃が大きく、速く迅速に豆を挽くことが出来ます。MINIより豆のポテンシャルを引き出すことができるでしょう。フラット刃のマシンです。

 

superjolly

25席以上のカフェにおすすめ

※全て給排水は直結。本体代に加え設置費が別途必要です。

※価格は税別

≪Simonelli〔シモネリ〕社≫

【アウレリア ウェーブ2gr/3gr】

設置費など込みで価格をお送りしますので、お見積りください

アウレリアの最新機種。大学と共同研究をしているシモネリ社の最新技術が詰まったエスプレッソマシン。常に安定して抽出、スチームを行うことが出来、抽出温度、抽出圧力の設定など、バリスタの様々なニーズに応えてくれます。

 

aurelia wave

 

≪ヴィヴィエンメ≫

【REPLICA 2gr/3gr】

設置費など込みで価格をお送りしますので、お見積りください

ヴィヴィエンメの最上位機種。同価格帯のマシンで言えば、他のメーカーに比べ安価なのが特徴です。

 

vibiemme レプリカ

 

≪ラ・マルゾッコ≫

【FB-80 2gr/3gr】 

2gr 定価2,530,000円 3gr 定価3,105,000円〔※別途設置費等〕 → 卸価格 お見積りください

マルゾッコと言えば!というほどの、ラ・マルゾッコを代表するマシン。安定した抽出で、やさしい味のエスプレッソが抽出できます。スチーム圧も強く、滑らかで綺麗なミルクフォームを作ることが出来ます。

 

la marzocco

 

≪Synesso シネッソ≫

【S200】

設置費など込みで価格をお送りしますので、お見積りください

いち早く、エスプレッソマシンの安定性の向上に取り組んできたシネッソ社は、バリスタの様々なニーズに応えられるマシンを、先進的に開発してきました。そのため、初めての人には若干扱いにくい点がありましたが、性能そのままに機能をしぼり使いやすく、価格も比較的安価に設定されたのが、S200。

サイズもコンパクト、合理的なフォルムはどんなお店にもマッチします。

S200

 

 

[グラインダー]

≪シモネリ≫

【MYTHOS Ⅱ】

設置費など込みで価格をお送りしますので、お見積りください

粉がダマにならず、毎回かなり安定した粉量を挽くことができます。また、刃の回転数、温度など自由自在に設定でき、バリスタの様々なニーズに応えてくれます。現在世界で最も注目度の高いグラインダー機種と言っても過言ではありません。フラット刃。

Mythos2

 

 

≪アンフィム≫

【ANFIM SPⅡ SPECIAL PERFORMANCE】

定価 398,000円 → 卸価格 298,500円

チタンコーティング刃採用。低速回転により、熱の発生を軽減。よりクリアなエスプレッソが抽出できます。この価格帯では、かなりコストパフォーマンスの高いグラインダーです。フラット刃。

 

SPII-WHITE-BLACK-small

 

≪マッツァー≫

【MAZZER MAJOR ELECTRONIC】定価390,000円 → 卸価格 お見積りください

SUPERJOLLYより、大きい刃を採用。より、速く、クリアなエスプレッソが抽出できます。フラット刃を採用。フラット刃は、キレがあり、よりはっきりとした味のエスプレッソを抽出できます。

 

major electronic

 

【MAZZER ROBUR ELECTRONIC】定価560,000円 → 卸価格 お見積りください

コニカル刃採用。フラット刃より低速回転で、熱を抑えてより速く粉を挽くことが出来ます。フラット刃に比べ、柔らかく、風味の感じやすいエスプレッソを抽出できるのが特徴です。

 

ruber electronic

上記にない商品でもお気軽にご相談ください

 

タンパーやミルクピッチャーなど、各種エスプレッソ小物類も取り扱っております。

下記ページよりお問合せをお待ちしております。

商品名とご利用時期などを記載の上、お問合せください。

業務用エスプレッソ豆などのお問合せも承っております。

 

お問い合わせ

 

業務用エスプレッソマシンの選び方

上記の席数はあくまで目安です。たとえば、10席未満しかなくとも、観光地で何杯もコーヒーを抽出したり、ランチでエスプレッソマシンを使ったコーヒーを提供する場合、25席以上のカフェでおすすめしている「Aurelia Wave」などが候補に挙がります。

 

実際、弊社のお客様であり、岐阜県の馬籠宿と呼ばれる観光地でコーヒースタンドを構える「HillBilly Coffee Company」様は、席数が5席もありませんが、1日に100杯近いコーヒーを提供することもあり、Simonelli社のAurelia(2連マシン)クラスのエスプレッソマシンを導入されています。

 

HillBilly Coffee Company

 

基本的には、単純な席数だけでなく、「1日に何杯抽出するのか」「ピークタイムにどれだけの集中したコーヒー提供を見込んでいるか」などがベースになります。もし、そのあたりのイメージが湧かない方はご相談いただければお見積りと一緒にお送りしますので、お気軽にご相談ください。

 

また、エスプレッソマシンはその性質上、海外からの輸入品になりますので、時期によっては入荷が大幅に遅れる場合もございます。そのため、オープンの1か月~2か月前には確保されることをおすすめします。開業予定の方は、お早めにご相談ください。