Tag Archives

3 Articles

大学でカフェ実習の講義を担当します!

2017年度の後期から、名古屋文理大学フードビジネス学科にて、弊社のスタッフである浜地と舟戸の2名でカフェ実習の講師を担当することが決定しました。現在は、昨年度のシラバス等を拝見しながら、講義の内容を決定している最中です。

 

名古屋文理大学シラバス

 

 

 

 

 

 

 

 

フードビジネス学科は全国的に見ても2校しかなく、4年制大学の学科としては大変珍しい、ユニークな学科です。講師の浜地も専門学校や短期大学でのカフェ講師の勤務経験はありましたが、4年制大学での勤務は初とのこと。

 

昨年、seminar box noteは、民間のコーヒー教室としては数多くのコーヒーセミナーを実施しており、全国的に見てもトップクラスの回数のセミナーを行ってきました。こういった実績や経験を評価していただき、ご依頼をいただけたのかもしれません。

 

seminar box noteにいらっしゃるお客様とは違い、学生たちは必ずしもカフェ開業を今すぐ考えているわけでもなければ、コーヒーを趣味にしたいと、コーヒーに対して高い関心を持っているわけでもありません。学生のコーヒーに対する態度は多様です。

 

もちろんカフェ開業を考えている学生やコーヒーを趣味にしたい学生もいるかもしれませんが、それはほんの一部で、飲食系の流通・生産業者で働きたい学生もいれば、あるいはコーヒーを嫌いな学生だってきっといるでしょう。

 

そんな中でのコーヒーセミナーは、通常当店で行うものとは全く異なるものになることでしょう。

 

まだ具体的な講義内容まで決まっているわけではありませんが、改めて大学という場で行えるコーヒーの講義についてしっかりと考え、講義を履修する学生全員にとって意義のあるものにしていきたいと考えております。

 

三重県や岐阜県だけでなく、東海地方以外の長野県や滋賀県のコーヒーセミナー受講者増加中!

三重県や岐阜県だけでなく、東海地方以外の長野県や滋賀県のコーヒーセミナー受講者増加中!

当店は愛知県の名古屋市内にあるコーヒー・ラテ専門のセミナールームですが、最近、県外からのコーヒーセミナー受講者が急増しています。

 

愛知県

コーヒーセミナーやラテアート講座の参加で一番多いのは、確かに名古屋市内、もしくは他の愛知県内の受講者の方ですが、愛知県外からの参加者の方も県内の参加者の方と同じぐらいいらっしゃいます。

 

特に多いのは、岐阜県や三重県の方。岐阜県の方はJRでのアクセスが良いこともあり、また三重県の方は車で名古屋に来られる方が多いのもあり、名古屋のセミナールームでも近いと思われる方も少なくないようです。

Read More

新しい趣味や習い事を始めてみたい方へ!コーヒーやラテアートはいかが?

新しい趣味や習い事を始めてみたい方へ!コーヒーやラテアートはいかが?

習い事と言えば、子どもを通わせるものと思われがちですが、一方でよく話題に上がるのが大人の習い事。大人だって、いえ、大人になったからこそ新しく始めてみたいことだってたくさん出てくるでしょう。

 

とはいえ、漠然と「何か新しいことがしたい!」と思っても、世の中にはいろいろな情報が溢れていて、いったい何を始めたらいいのか、何が自分に向いているのか分かりません。そこで、今回はそういった世の中の「大人の習い事や趣味」について少しずつ触れながら、「だからコーヒーを始めてみませんか?」と、ご提案させていただこうかと思います。

 

初心者マーク

 

大人の習い事は日常に役立つものがおすすめ

まず、多くの人はいったいどんな習い事をやっているのでしょうか?

 

リクルートが母体になっている「ケイコとマナブ」によると、働く女性を対象にした2015年の人気お稽古ランキングは以下の通りだそうです。

 

1. 英語

2. 家庭料理

3. ヨガ・ピラティス

4. お菓子

5. パン

出典: http://www.keikotomanabu.net/ranking/300people/

 

こうしてみると、圧倒的に「日常生活に役立つような内容のお稽古ごと」が人気であることが分かります。特に、家庭料理・お菓子作り・パン作りと実際に自分が普段口に入れることになるものを習いたい女性が多いようです。

 

ちなみに、これは若い方だけには限らないようで、Yahoo Japan!が発表している「定年後に人気の趣味・習い事」では、以下のようなランキングになっています。

 

1. 料理教室
2. 陶芸教室
3. ピアノ教室
出典: http://job.yahoo.co.jp/contents/sp/lesson/

 

このように、「私たちが普段口に入れるものだからこそ、より美味しいものを作りたい」と考える方が大多数のようです。どうせならうなら日常で役に立つ習い事を習ってみたいものですよね。

 

「コーヒーの習い事」は全国的にも珍しい

さて、こうした状況でおすすめしたいのが「コーヒーの飲み方・淹れ方」や「ラテアートの描き方」といった習い事です。実は、コーヒーの習い事というのは全国的にもかなり珍しかったりします

 

コンビニ各社のテイクアウトコーヒーが話題になったり、多くのインスタントコーヒーが消費されている日本で、コーヒーの習い事が少ないというのは意外なことだと思われるかもしれません。

 

ですが、今までコーヒーの講座と言えば、カフェや喫茶店で行われることがほとんどでした。カフェや喫茶店には営業時間があり、その間はセミナーを行うことが難しいため、定期的なコースの開講といったことがなかなかできなかったのです。また、その参加者もほとんどが元からのお店のお客さんでした。

 

つまり、講座やセミナー自体はあったのですが、「なにも知らない方が習い事や趣味として突然コーヒーを始められる」といった状態ではなかったのです。

 

コーヒードリップ

 

実際、ハーブティや紅茶など、他の嗜好品ドリンクに比べてコーヒーのセミナーや教室を見かけることはあまり多くないのではないでしょうか。私たちの活動している名古屋は喫茶店文化が盛んだとも言われますが、そんな名古屋ですら「コーヒー講座・ラテアート講座が専門」の教室やセミナールームというのはほとんどありません。

 

「普段、自宅でコーヒーを全く淹れないけれど、少し興味がある」「カフェや喫茶店にはあまり行かないけれど、通ってみたいと思っている」といった方にはぜひコーヒーの教室をおすすめしたいと考えています。普段口に入れるものでありながら、なかなか学ぶ機会のないコーヒーを、みなさんも新たに始めてみてはいかがですか?

 

 

でも、私はコーヒーが苦手なので……

ただ、コーヒーは苦みがある飲みものです。どれだけ美味しく上質なコーヒーであろうが、飲めない人は飲めません。あくまで嗜好品なのですから、無理をして飲む必要もないでしょう。そういった方は、コーヒーそのものではなくラテアートを体験してみてはいかがでしょうか。

 

特に、最近ではコーヒーだけでなくカフェ・ラテやカプチーノといったミルク入りのドリンクが国内でも浸透してきており、カフェ特集でも必ずと言っていいほど、カフェ・ラテやカプチーノが取り上げられるようになりました。

 

リーフラテアート

そんな中で、茶色いキャンバスにミルクで模様を描くラテアートも盛んに話題に上るようになってきたのです。最近は、お客様の中でも「家族や友人に振る舞いたくて……」「旦那に見せたらスゴイと言ってもらえるかと思って……」と言って、ラテアートを学びにいらっしゃるお客様も増えています。

 

飲みものとしてだけでなく芸術作品として、新たなコーヒーとの関わり方を体験されてみませんか?