Tag Archives

4 Articles
コーヒー豆・生豆・コーヒー器具の通販サイト「coffee shop note」をオープンしました!

コーヒー豆・生豆・コーヒー器具の通販サイト「coffee shop note」をオープンしました!

先日、コーヒー豆やコーヒー器具の通販サイトとして、coffee shop noteをオープンしました。

 

coffee shop note

コーヒー豆・コーヒー器具の通販サイト「coffee shop note(コーヒーショップノート)」

 

コーヒー豆はすべてスペシャルティコーヒーと呼ばれる上質なコーヒー豆を販売しており、当店で焙煎した焙煎豆だけでなく、自家焙煎をする方向けに生豆の販売まで行っております。

 

現在、生豆を販売している通販サイト、オンラインショッピングサイトはなかなか見かけません。自家焙煎がコーヒーの第四の波(フォースウェーブ)と言われて久しいですが、自家焙煎を始めたい方が上質なコーヒーの生豆を買う場所があまりないのです。

 

coffee shop noteを、そういった方々が少しでも上質なコーヒーの生豆に触れる場所としてご利用いただければ幸いです。

Read More

コーヒーの教室noteが名古屋市千種区にオープンしてから1か月!

コーヒーの教室noteが名古屋市千種区にオープンしてから1か月!

noteが10月にオープンしてから1か月が経ちました。

 

実のところ「オープンしていた」と言っても、正式なロゴが決まっておらず、そのためにショップカードもお店の看板もないという状態だったので、外から見ただけではお店とは分からない様子だったかもしれません。

 

雑居ビルの最上階「こんなところにお店が?」

ビル前画像

実際、セミナーにいらしたお客様からも「場所がどこか分からず迷った」「営業しているか分からなかった」といった不安の言葉をいただきました。ご不便をおかけした点は本当に申し訳なく思います。隠れ家的お店とは言っても、さすがに見つけられないほど隠れていてはいけませんね。

 
こうした点については少しずつ改善中で、入り口にOPENの看板を設けるなど、少しずつお客様の入りやすい空間にしていくつもりです。ですが、こうした期間中にもホームページから何度もご予約があり、会員様も増え続けています。本当にありがたいことだと思います。
 
特に、ラテアートセミナーのご予約が多く、「今までいろいろな本や動画を見たけど、ここの教え方が一番分かりやすかった」ととあるお客様に言っていただいたときは、「私たちがここでセミナーをやっている意味があったな」と感じられる瞬間でした。
 

今後はラテアートだけでなく、「今までコーヒーに関心がなかったお客様によりコーヒーを楽しんでいただけるようにしたい」ため、ドリップコーヒーセミナーについても充実を図ることにしました。お楽しみいただければ幸いです。
 

noteのコーヒー&ラテアートセミナーへ

 

コーヒー器具を求めていらっしゃるお客様

また、「ホームページを見てきたんだけど」と看板もたっていないお店に直接グッズ販売を求めていらしたお客様も。今はまだ少し入りにくいため、ご予約のお客様しかいらっしゃらないと思いこんでいたため、私たちのほうが驚いてしまいましたが、嬉しい来訪でした。
 

もちろんコーヒーグッズを購入ご希望のお客様も大歓迎です。私たちも小売りのお客様にご満足いただくため、商品の品数を増やしたり、コーヒー豆を販売したりと「たとえコーヒーについて何も知らなくても、ここに来ればコーヒーについて何か知れるし、始められる」といった環境づくりができるよう心掛けました。

 

店内画像

今では、試飲で出したコーヒーを飲んで一時間近く過ごしていかれるお客様もいらっしゃいます。カフェではありませんが、こういった使い方も大歓迎です。

 

お客様が楽しめる空間づくりのために、雑誌の品数を増やしたり、あまり一般的には目にすることが少ない展示品のドリッパーを増やしたりと、いらっしゃるたびに少しずつ内装の雰囲気も変わっているかと思いますので、ぜひ普段使いのお店としてご利用いただければと思います。

 

それでは、まだまだ皆様にご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、今後ともnoteをよろしくお願いいたします。

エスプレッソマシンは業務用と家庭用のどちらを選ぶべき?価格や性能の比較から

エスプレッソマシンは業務用と家庭用のどちらを選ぶべき?価格や性能の比較から

昔ながらの日本のカフェ・喫茶店業界では、コーヒーと言えばドリップコーヒーのことを指すことが多かったのですが、スターバックスコーヒーの登場以来、日本でも急激にエスプレッソやカフェラテなどのコーヒードリンクが注目を浴びるようになってきました。

 

お店でもカフェラテやカプチーノを飲む人が増え、美しく見せるための「ラテアート」なども目にする機会が増えました。

 

リーフラテアート

 

こうした変化とともに、ご家庭での趣味として、またはカフェを開業するにあたり「カフェラテを出したり、ラテアートを描きたい」という方が増えてきましたし、ご相談を受けることも多くなってきました。

 

ですが、実際にそれらをつくるには、どうしてもエスプレッソマシンが必要になってきます。エスプレッソマシンには安価な家庭用から業務用マシンまでありますし、その中でも様々なものがあります。

 

そのため、エスプレッソマシンが必要と言われても、どんなものを購入すればいいか分からないかと思います。そこで今回は、こうした家庭用と業務用エスプレッソマシンのそれぞれの特徴と違いについて簡単にご説明したいと思います。

 

家庭用エスプレッソマシンの特徴

家庭用のエスプレッソマシンは小型で、だいたい~3万円くらいのものを中心として、20万円以下に収まります。

 

安い価格帯のものとしては、画像のようなデロンギのエスプレッソマシンあたりが有名でしょう。

 

デロンギ

この価格帯の家庭用エスプレッソマシンは、ご自宅で使っていただくぶんには何の問題もありません。この価格帯の中でも比較的使いやすいものも存在します。

 

ですが、それでも業務用のマシンに比べれば、全体的にパワーが弱く、連続使用が難しい傾向があります。

 

パワーが弱いと、エスプレッソの抽出や、カフェラテをつくるためのミルクのスチーミング(泡立て)がなかなか上手くいかないことが多々あります。家庭用のマシンでは、特にミルクのスチーミングが問題です。

 

家庭用はパワーが弱いぶん、初心者には扱いやすいように思われてしまうこともありますが、実は全くの逆です。パワーが弱いマシンで綺麗においしいスチーミングミルクをつくることは、かなり難易度が高いのです。

 

ときどき、家庭用の安価なマシンでカフェを開業される方もいらっしゃいますが、どんなに良いコーヒー豆を使っても、品質は必ず落ちてしまうので、お店で使うものとしては避けたほうが無難です。何杯も連続して抽出するカフェ・喫茶店業務では、必ずクオリティの不安定さやドリンク提供の遅れにつながります。

 

家庭用でも、綺麗なラテアートを描きたい、ある程度の品質のカプチーノを飲みたいと考えている方はもう少しランクの高いマシンを購入されることをおすすめします。

 

初心者だからこそ、道具の性能に技術不足を助けてもらう必要があります。

 

高価な家庭用のマシンならどうか?

安価な家庭用のマシンがダメなら、高価な家庭用のマシンはどうでしょうか。

 

家庭用にも、価格帯が10~30万円の比較的高価なマシンもあります。これらのマシンであれば、確かに低価格帯のものよりも性能は良いと言えるでしょう。品質をそこまで追求しなければ、お店で使用することもできます。

 

この価格帯のものとしては、画像のアスカソあたりが有名ではないでしょうか。あとは、全自動のデロンギのエスプレッソマシンあたりも候補にあがるかもしれません。

 

アスカソマシン

 

このレベルのものであれば、家庭用のマシンとはいえ、ある程度のカフェラテやラテアートを作ることは可能です。ですので、カフェの開業の際にも、高価な家庭用レベルのマシンの購入をされる方もいます。

 

ただ、どうしても業務用のマシンに比べると、キレイなものがつくれなかったり品質として劣ってしまいます。また、ボイラーが小さいので、お店で2、3杯と連続で出そうとすると、パワーが落ちて作れなくなってしまうといった問題も発生します。

 

営業上はこれが一番の問題で、「10人ぐらいしか入れない小さなカフェだから家庭用でいい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、もしその10人が一度にカフェラテを頼んだとしたら、家庭用ではかなり厳しい状況になると言えるでしょう。

 

マシンが小さく、軽く、安定感がなかったり、その他の使い勝手が悪かったりという問題もあります。どうしても最終的には価格の問題になってしまいますが、お店で使用する場合、またおうちでもストレスなくカフェラテをつくりたい場合は、業務用をおすすめします。

 

高価な業務用マシンの傾向と比較

では、そうした家庭用のマシンに比べて、最も高機能で、高価な業務用のマシンとは一体どんなものでしょうか? 簡単にご紹介します。

 

業務用エスプレッソマシンは、各メーカー内での機種のランクと、グループヘッドと言われる“抽出できる場所”がいくつあるかで価格が変わってきます。たとえば、グループヘッドが3ついていれば3杯同時に抽出できます。基本的に家庭用は1つで、業務用でも安価なものは1つの場合が多いです。業務用の高価なものの中には、グループヘッドが3つ、5つと付いているものもあります。

シモネリ ヘッド2

デザインが良くてかっこいいもの、あるいは性能が特別に良いものというと、やはり約100~300万円となってきますし、電源も200Vは必要になるので、電源工事もする必要が出てきます。

 

しっかりとコーヒーをやっていく、あるいはコーヒードリンクがウリの一つになるようなカフェならば、このランクのエスプレッソマシンを導入したほうがいいでしょう。

 

安価な業務用エスプレッソマシンについて

ただ、お店の規模やコンセプト上、また予算の問題でそこまでのものは購入が考えられない場合もあるかと思います。「コーヒーに手を抜くわけではないが、あくまでメインはフードやお菓子だ」といったカフェもたくさんあります。

 

こうした場合におすすめしたいのが、100万円以下のエスプレッソマシンで、だいたい40~80万円ぐらいの業務用マシンです。

 

シモネリヘッド1

先ほどご紹介した最上クラスのものと比べると、さすがに性能は劣りますが、使用感も良く、お店での連続使用も難なく耐えられますし、ドリンクの品質もとても良いものが提供できます。

 

また、電源も100Vで使用できるので、電源工事も必要なくそのまま使えます。実際、お店で使われる方も多いですし、おうちで使うために購入される方もいらっしゃいますので、コストを抑えたい方はこのぐらいの値段のものをおすすめします。

 

ただ、いくら性能が良いとはいえ、確実に最上クラスのものに比べれば品質は劣りますし、なにより大規模な店舗に対応するには少し厳しいかもしれません。数十人規模のお店までならこのぐらいのマシンでも十分対応できますが、それ以上の人が入れ代わり立ち代わりするようなお店であれば、素直に最上クラスのものを買われることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしょうか。おそらく、家庭用と業務用のそれぞれの性能差や、価格帯の理由に関するだいたいのイメージはつかめたのではないかと思います。

 

ただ、今回は価格帯でひっくるめてお話しましたが、メーカーや製品によってまた特徴は大きく変わってきますし、性能にも違いが出てきます。実際にご自身の目的にあったマシンをということであれば、本物を触ってみるしかありません。

 

私たちのセミナールームnoteでは、業務用の安価なエスプレッソマシンを実際に触ることができますし、業務用・家庭用のエスプレッソマシンを卸売業者やメーカーから直接入荷することもできます。

 

シモネリマシン

 

特に業務用のエスプレッソマシンは「カフェを始めたい」と思ったからといって、一般の人が手に入れられるものではありません。基本的には卸売業者を通して購入する必要があります。

 

noteでは、カフェやレストランなど目的にあった適切なマシンをご提案することもできますし、マシンの販売とその使い方の指導・実践をすることも可能です。

 

もしも、「どんな業務用マシンがあるのか分からない」「結局、家庭用マシンじゃだめなのか」といったお悩みを抱えている方がいらっしゃれば、ぜひ一度お問い合わせください。

 

お問い合わせページへ

 

また、私たちのセミナールームでは、コーヒーのプロ、開業志望の方向けのネットショッピングサイト「coffee shop note PRO」を運営しております。他の企業様よりも安価に業務用マシンを購入できるものもありますので、ぜひご覧ください。

 

coffee shop note PROサイトへ

コーヒードリッパーの種類と違い―代表的なドリッパー4つの比較から―

コーヒードリッパーの種類と違い―代表的なドリッパー4つの比較から―

一口に「コーヒーを淹れる」と言っても、その淹れ方には様々なやり方、器具が存在します。コーヒーを自宅で淹れる際に一番の問題になるのは、「どんな器具を使って淹れればいいのかが分からない」といったお悩みではないでしょうか。

 

実際、たとえカフェや喫茶店でコーヒーを淹れているプロの方でも、どんなコーヒー器具を使えばどんな味が出るかは意外と知らなかったりするものです。そこで今回は、“コーヒーを淹れる器具”と聞いて、おそらく最も多くの方が思い浮かべるドリッパーについて、それぞれのドリッパーがどんな特徴を持っているのかを簡単にご紹介します。

 

ドリッパーの種類とブランド

先ほども述べたように、コーヒーを淹れる器具と言って一番に思い浮かぶのは、コーヒードリッパーでしょう。基本的には、このコーヒードリッパーにペーパーフィルターを敷き、その上にコーヒー粉を入れ、上からお湯を注いで、コーヒーを抽出します。

 

いろいろなドリッパー

 

 

ですが、コーヒードリッパーには数多くの種類があり、初心者の方はどれを選べばいいのかが分からないでしょうし、その違いもよく分からないかもしれません。大きく分けると、このドリッパーの形と、お湯の落ちていく穴の数によって、各ドリッパーの特徴が分かれます。

 

非常にたくさんのドリッパーがあり、それだけたくさんのコーヒーができ上がります。全てをご紹介することは難しいので、その中から代表的なブランドのドリッパーをいくつかご紹介します。

 

カリタ(Kalita)ドリッパーの特徴

カリタのドリッパーは、日本では最も有名な製品のひとつでしょう。

 

カリタ正面ロゴ

 

ドリッパーの形が台形型になっていて、コーヒーの落ちていく穴が3つ空いています。このドリッパーの形で、お湯と粉の接し方が変わり、また穴の数や大きさで、抽出されたコーヒーの落ちていくスピードが変わっていくのです。

 

カリタドリッパーのリブカリタ3つ穴

 

こうした台形のドリッパーは、後ほどご紹介する円すい型のドリッパーに比べて、一度コーヒーがドリッパーの底に溜まって落ちていくので比較的酸味の少ないコーヒーができ上がります。

 

メリタ(Melita)ドリッパーの特徴

こちらもカリタと同じように台形の形をしています。

 

メリタドリッパーロゴ

 

メリタはカリタと同じ台形型をしています。しかし、カリタと異なる点は、コーヒーの落ちていく穴が1つだということです。
 
メリタドリッパーリブメリタドリッパー1つ穴

 

当然と言えば当然ですが、3つの穴が空いているよりも、穴が1つしかないほうがお湯の落ちる速度も遅くなります。これにより、カリタのドリッパーよりもお湯がコーヒー粉に触れている時間が長くなり、しっかりとした味のコーヒーを淹れることができるでしょう。

 

ハリオ(HARIO)ドリッパーの特徴

最近特にいろいろなところで見かけるようになってきたのが、ハリオのドリッパーです。カリタと並ぶ、日本の有名なメーカーです。こちらは、カリタやメリタとは形が異なり、円すい型になっています。

 

ハリオプラスチックドリッパー

 

見ての通り形が円すいの形をしていて、コーヒー粉を通ったお湯が、1つの真ん中の穴に集まって落ちていきます。

 

ハリオリブハリオの穴

 

円すい型は、お湯もコーヒー粉も真ん中に集まっ てお湯が落ちていくので、台形型に比べ、お湯がコーヒー粉を通っていく距離が長くなり、味のしっかりとしたコーヒーが淹れられます。ただ、穴が大きく、カリタやメリタなど台形のドリッパーよりもまっすぐ下方にお湯が落ちていくので、すっきりとしたコーヒーができる傾向にあります。

 

コーノ(KONO)ドリッパーの特徴

珈琲サイフォン株式会社の出しているドリッパーがコーノ式ドリッパーと言われるものです。

 

コーノドリッパー

 

こちらはハリオと同じ円錐型のドリッパーで、多くの自家焙煎店の方々が使用しています。見た目、形状はほぼハリオと一緒といって良いでしょう。た だ、少し分かりにくいですが、写真を見てもらえると分かるように、ドリッパー内部の溝(リブ)のある位置が違います。ハリオは上部まで溝があるのに対し、コーノ式は途中までしか溝がありません。
 
コーノストレートリブコーノドリッパーの穴

 

ドリッパーの溝は、ペーパーフィルターを載せた時にドリッパーとフィルターの間に空気の抜け道を作ってくれます。この抜け道があることで、お湯の落ちが早くなります。

 

コーノ式はハリオのものに比べて溝が短いので、コーノ式はハリオに比べてゆっくりお湯が落ちます。つまり、コーノ式はハリオに比べると味のしっかりしたコーヒーを淹れることができます。

 

各ドリッパー比較のまとめ

ざっくりとまとめると、酸味が少なくコーヒーらしいコーヒーを味わいたい方はカリタやメリタなどの台形のドリッパーが向いているかもしれません。一方、キレのいいすっきりとしたコーヒーを味わいたい方は円すい型のドリッパーのほうが向いているでしょう。

 

ただ、これらの特徴は大ざっぱに分けたものであり、お湯の温度や粉量、使用する豆など条件によっては少し違う印象に感じるかもしれません。あくまで目安として考えておいてください。

 

ドリッパーの特徴を知る一番の手段は実際に触ることです。とはいえ、全部のドリッパーをそろえて家庭で比較するのは難しいと思われるので、もし、実際に手に取ってドリッパーを選びたいという方がいらっしゃれば、seminar box noteへお越しください。

 

noteでは、それぞれのドリッパーを使って、コーヒーの淹れ方を知ることができます。上にご紹介した以外のドリッパーなどの特徴も実際にドリッパーを触って感じていただけます。違いを知りたいという方は、ぜひ一度ドリップコーヒーセミナーをご利用ください。
 
noteのドリップコーヒーセミナー